1

秋の深まりを感じる今日この頃。オッス、おらアキラ。

収納家具専門店に入社して2年目の収納プランナー。結婚も2年目で、公私ともにノリノリで怖いもの知らず身のほど知らず。総武線快速を駆って、銀座のショップに通っています。

秋といえば、芸術の秋、芸術といえば映画鑑賞。なんだか日本の映画が元気で、なんといっても「君の名は。」が絶好調。そして、追い上げてきたのが京アニの「聲の形」。なんだかクールジャパンな展開。夏に封切られて走りつづける「シン・ゴジラ」は庵野秀明総監督+樋口真嗣監督のフルCGだし、「4月は君の嘘」はコミックが原作。イカした作品が並びますね〜。君嘘の宮園かをりを演じる広瀬すずさんは「怒り」でも頑張ってますね! おっと、思わずというか思いすぎて広瀬すずネタに脱線してしまいました。ご用心ご用心。

miyazonokawori

miyanagamitsuba

わたくしも、収納プランナーの仕事をクールアキラでキメていきたいと思います。と言いながら、只今担当しているお客さまの提案が、本日ダメ出しを頂戴いたしました。したがってゆえに、アキラはウルトラしょぼーん状態です。(´・ω・`)

akira_shobon

お客さまのご要望は、リビングの収納とデスクでした。仕事をしたり、新聞を読んだり、趣味を楽しんだり、家事をしたり。日中を自宅で過ごす奥さまのため考えたのは、広いリビングルームの壁一面に本棚を設けて、そこにデスクを組み込むプラン。実にクールで実にイカしている自信作でした。しかし、お客さまからは、

「壁に向かうデスクっていうのは、息苦しい感じがしてよろしくないですね」と一蹴。一からやり直しっぽいお返事でした〜。

Nせんぱーい、哀れなアキラめにどうかお知恵を、とすがってみましたが、

「ヒアリングノートをもう一度見直して再考するってことかな」

n_senpai

と、クールなアドバイス。そのクールさのおかげで落ち着きを取り戻しつつ、自分を励まします。よしアキラ、心の円陣を組むぞ。「いつも感謝! 冷静、丁寧、正確に!」

ソロで円陣を組んでみましたが、帰りの総武線に揺れて揺られる自分は、相変わらずショボーンです。このまま砂になって消えてゆくのか、おれ……。(´・ω・`).;:…(´・ω…:.;::..(´・;::: .:.;: サラサラ..只今のこころのBGMは、7!!のオレンジです。

shobon_densha

そめちゃんこと愛する奥さんが待つ家に着いて、

アキラ「たっだいまー!!!」

そめちゃん「おっかえりー! あれぇ、アキラくんカラ元気っぽいって感じるっぽいかも」

アキラ「大丈夫。おらの体はステンレスのように鍛えてあるんだい!!」

そめちゃん「地球育ちのサイヤ人だね。今日は銚子の秋刀魚だよ」

akiaji

辛味の効いた大根おろしといっしょにいただく秋味はサイコー。幸せな晩げを味わいながら、またしても、そめちゃんにかくかくしかじかと本日のできごとを赤裸々に話してしまいます。

somechan

そめちゃん「お客さんが要望した『ながらデスク』っていうのを、ほかのことをしながらのちょっとした机って捉えたのが違うんじゃないかな」

アキラ「?????」

そめちゃん「リビングは主婦の社長室みたいなもんだと考えればさ、社長の机って部屋の真ん中にどーんとあるじゃない。テレビを見ながら何かしたり、お茶をしながら新聞をひろげたり。そういうのをリビングの真ん中の机でやるってのはどうかな」

アキラ「そうかも! このお客さまって、とっても知的な人だから、リビングの真ん中にデスクってアリアリかもかもだよ!」

突然降りてきました。そめちゃんのおかげで。ソファの背面にカウンターデスクを設置しよう! ショップに展示しているソファ背面収納のデスクアレンジバージョンのアイデア。そめちゃんが引き出してくれた。

頭の中でオープニング曲、「七色シンフォニー」が鳴りはじめます。

このアイデアのイメージが鮮明なうちにプランをまとめるぞ。

akira_matomeruze

そめちゃん、明日は1時間早く起こしてください!

%ef%bc%92